So-net無料ブログ作成
検索選択

しびれ、神経痛に [健康 CIDP闘病 リハビリ など]

Ivigによる定期的な治療の後、しびれ、神経痛対策に初めてリリカを試みた。

Ivig終了三日後の夜から。

朝  -     75    75     75㎎
       ⇒   ⇒   ⇒血液検査
夜 75  75  75 

朝眠気無く、夜熟睡。

1,2日目から、夜安静時に襲われる強い発作的しびれ、散発的ヅキヅキ痛、頻度減り、強さ、 8-9から5-6に弱まった。

いいな、夜150に増やすというところで

乳酸脱水素酵素 LD    274                         158
AST(GOT)               129⇒中止⇒低下⇒中止後退院6週間⇒16
ALT(GPT)                157                                             21
γ-GPT                       69                                              41

肝臓の数値が悪くなり中止となった。

 中止後、外来時の検査では従来の正常値に戻った。

悩みのしびれ、痛みがいわゆる神経痛、神経に関わるものとわかったが、

自分ちょっとがっかり、スタッフ、皆残念そうでした・・・入院中、診てもらいながらで良かった。

ただし、!、退院後、Ivig終了3-4週目あたりから、悩みのしびれ、痛みが頻度、強度、リリカ程ではないが弱く、頻度も低下、

Ivigの効果= しびれ、痛みはCIDPの症状によるのが主なのでしょう。

 

加えて、入院中に手の装具作成開始できました。

手首の力低下時、車いす移乗時のプッシュアップ動作で痛めてしまったからです。

ちなみに今握力は1? -4~6 ?kg 、健康時の10分の1以下です。

すべり止めや指、口でベルト止めやすいように、リングからベルト抜けないようかつ手をくぐらせ通し、装脱着しにくくならないように、固定のための金属が動作時に手にくい込ま無い様、など調整加工してもらい、 完成⇓

食事時、自助すべり止め付きフォークなども疲れず維持しやすい。  

甲側
MVI_2548_0004r.jpg

手のひら側
MVI_2548_0010r.jpg

 


nice!(14)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。